TOP > 注文住宅を建てる流れ

新築の一戸建ての家を買うなら、建売住宅、注文住宅のオプションがありますが、大多数の人は注文住宅を希望しているのです。

注文住宅ならではのメリットとして、自分達の希望を取り入れた間取りやデザインにできる、工事の経過を自分達の目で確かめ、みる事ができるなどがあります。

岐阜の注文住宅に関する情報満載のサイトです。

デメリットとしては、一番最初にあげられるのはコストの点です。

コスト的には建売住宅に比べて割高になる傾向にあります。

また、プランの設計から完成までの期間が長くかかること、最初は図面しかないので建築後の家をイメージしにくい点、土地探しからはじめる場合はさらに時間がかかる、メリットでもあるのですが、たくさんの選択肢があるので、それが逆に選択肢が多すぎて迷う原因にもなってしまうこともあります。

注文住宅の簡単な流れとして、資金計画をたて、予算を決める。



そして、建てたい家のイメージを固めていく、どこの会社に依頼をするのか情報収集をして、見積もりを依頼する。出してもらった見積もりを比較検討して、どこの会社に依頼をするのかを決めたら、その建築会社と契約を結び、間取りのプランの詳細を決めます。
本契約を結んだら、住宅ローンの申し込みを行う。
工事の日程が決まったら、近隣への挨拶を忘れずに。



建物が完成したら、必ず担当者とともに建物をチェックする。

不具合がみつかった場合は、ここで修理を依頼します。
このあとに、鍵の引渡しがあり、完了となります。
家の購入は人生の中でほとんどの人にとって最大の買い物になります。納得のいくようにしっかりと計画をたてて、満足のいく家を購入したいものです。